ホーム>BroadBridgeブログ>雑談、地域情報>映画、劇

映画、劇

【雑談】塾長のオススメ映画『DESTINY鎌倉ものがたり』

こんにちは。

ブロードブリッジ塾長の春日亀小判です。

2017年もあっという間に残り20日を切ってしまいました。

受験生達は凛々しい顔つきになってきました。冬期講習を含め、

最後まで精一杯サポートして参ります。

 

さて、なかなか休みをとらない塾長ですが、2017年は隙間時間に映画をやたらと観ました。(DVDも含めて、50本ほど?)

主に仕事終わりに新宿まで出かけてレイトショー(24時上映や26時上映の会)を静かに鑑賞するのが常でした。

そして、「今年観た映画で2番目に面白い!」と思える映画に先日出会いました!(1番はもちろん「ラ・ラ・ランド」)

 

それが、堺雅人さん主演「DESTINY 鎌倉ものがたり」です。

 

私にとっては、「史上最高の"和製ファンタジー"」と思えるほど、素敵なストーリーでした。

一番の見所は堺雅人さんと高畑充希さん演じる夫婦の何気ない幸せの日常と、熱い想いです。

また、脇を固める一つ一つの役柄も個性豊かで、本当に心温まる映画でした。

監督の山崎貴さんは「海賊と呼ばれた男(2012年)」「STAND BY MEドラえもん(2014年)」「ALWAYS 三丁目の夕日シリーズ(2005年・2007年・2012年)」

など個人的に深く印象に残っている作品を手がけた方だと知りました。2017年は大好きな監督が是枝裕和監督に加えて、もう一人増えました。

 

先週末に封切られたばかりなので、今週はこの映画を生徒たちに布教していこうと思います。

(教師は科目の知識だけでなく、

人生を豊かにしてくれる映画・歌・本・食べものなどあらゆるものに精通しているべきと、勝手にポリシーにしています。)

 

 

 

ラ・ラ・ランド

こんばんは。塾長の春日亀です。

週末にレイトショーで「ラ・ラ・ランド」観てきました。

とてもロマンチックな作品で、予想以上に楽しめました。

特に、音楽と終わり方が素敵で、人生もっとイロドリ増やして歩んで行きたいなと思いました。

2017313232023.jpg

どんなに忙しくてもふらっと映画には行く(主にレイトショー)ので、

授業中よく映画の感想を生徒と話します。

(残念ながら、「ラ・ラ・ランド」は少し大人向けであまり小・中学生には布教できませんが。)

 

生徒には、たくさん勉強をして欲しいですが、

時には映画や本が想像以上の「先生」や「友達」になることがあるので。

今後も、塾長の私自身が塾の外でたくさんの映画や本、劇と出会って

素敵なものを生徒に紹介していきたいです。

 

来週は「ミュシャ展」に行くのが楽しみです。

(時間捻出できれば。いや、捻出するぞ!・・・。)

 

ページ上部へ